225先物でなにがなんでもGS様を信じてトレードするブログ

世界最高の情報収集能力から織りなす手口はもはや芸術的で、多くの一般個人投資家が感じている相場観とは真逆であることが多く、それを解析することで見えてくる真実の世界市場を是非とも体感して下さい!

225先物でなにがなんでもGS様を信じてトレードするブログ イメージ画像
■NEWサイト ULIBUDDHAの考察http://syacaana.holy.jp
■まぐまぐメルマガ ULIBUDDHAの解析http://www.mag2.com/m/0001643620.html
■工事中ULIBUDDHA動画チャンネル
http://www.youtube.com/channel/UCO32ysS8-8Rg3rJl9jkObZg
■ULIBUDDHAファン専用note
https://note.mu/ulibuddha

メルマガ快心の一撃

GS様ファンの皆様こんばんは、225先物手口解析者のULIBUDDHAです。暑すぎた夏も終わろうとしています。皆様は、どの様にお過ごしでしょうか?筆者は、夏が大好きなので少し寂しいのですが、メンタル面でも十分に充電が出来ました。糞面白くなかった相場の流れも変わりつつあ
『2018年8月29日予測 根拠は、薄いですがボラを当て込みます。これも一つの勝負です(笑)。』の画像

日本の投資家の皆様、そして世界支配層の皆様こんばんは、仏陀の弟子ULIBUDDHAです。本日の日経さんは、良く持ちこたえたと言うべきでしょうか?もちろん、今日も日銀さんは出動してきましたが、三日連続でおさえこまれましたね、今日くらい3度目の正直があるかとも思いまし
『2018年3月5日予測は、まぐまぐメルマガよりの配信です。』の画像

メルマガ読者の皆様こんにちは、225先物手口解析者のULIBUDDHAです。あっと言う間に、、この一週間が終わったような気がいたします。マーケットの方も凄かったのですが、トレードを夜通し付き合って下さったコアな読者様方、及びコメント下さった読者の皆様には、感謝しか
『メルマガの結果 2018年2月限SQ 5 メルマガ会心の一撃有り』の画像

こんにちは、ULIBUDDHAです、、投資家投機家のお父様方、デイトレーダーのみなさま、2限SQ戦お疲れ様でございました。勝負とは、最後まで本当にわからないものでございますね、、今回の大人の「じらし」に勝利できた事は、自己手法を最後まで貫き通せた結果として大変うれし
『メルマガ指南の結果 2017年2月限SQ 5』の画像

先物トレーダーの皆様お疲れ様でしたー、ULIBUDDHAです。7月限SQ戦はまずまずの成績でしめくる事ができました。しかし、週初めに60で買ったPUT15500は、一時450オーバーを付けるなど見せ場十分でございましたが、利確時は185と何とか逃げっ切ったみたいな利益に、、

5限SQ戦お疲れ様でしたULIBUDDHAです。今回はGS手口の流れに合わせて、新手法の短期波動取得法の波動の向きも考慮してエントリータイミングをはかりました。ちなみのこの手法はGS手口解析であろうと、スキャルビングであろうと自己のの判断による売り買いを今実行しも良いか

GSファンの皆様荒れ荒れの1限SQ戦、お疲れ様でしたULIBUDDHAです。今後もむちゃくちゃの相場が続きそうですが、退場しない様に気を付けてゆきましょう、今回はSが約定しなかったりPUTの利確ポイントが外れたりとGS手口道理に相場が動いたにもかかわらず売りでは空振りばかり

 ■メルマガ指南の結果  5ナイト   070S持ち越し  ±0円日中   070S990C   +80円合計   +80円  ■全ての結果12/07  +50円  12/08 +380円12/09  -90円12/10  +50円12/11  +80円12限MSQ計       +470

トレーダーのみなさんこんばんはー、MSQでの取引はどうだったでしょうか、ULIBUDDHAです。筆者も何とか4日目から波にに乗ることが出来ました。今節は初日の最安値からのインチキリバウンドには、少しほんろうされましたが、そこでも「ナイス・ロスカット」がひかりまして、

■今回の快心の一撃メルマガはスマホビューで書いておりますPCの方は読みにくいです、ごめんなさい。☆★☆――――――――――――――――――本気で勝たせるULIBUDDHAの解析――――2015年7月限SQ-3号―――――■ごあいさつ皆さんご機嫌如何でしょうか、発行

先物トレーダーのみなさんこんばんはー、ULIBUDDHAですwwなんとか6月限のメルマガにて結果を出す事が出来ました。まだまだ完全復活とまでは、いっておりませんがこれからも宜しくお願いします。これからも連戦連勝を目標に頑張ってゆきますので、見てて下さいね

↑このページのトップヘ